【イベントレポート】日本のエンタテインメントを牽引する「エイベックス株式会社」が福岡に!

▼この記事をシェアする
▼この記事をシェアする

10月13日(土)に行われたSUKIMA BOXは、エイベックス株式会社様と一緒に行いました。日本のエンタテインメントを牽引するエイベックス株式会社は、現在AI新規事業の領域にも進出をしようとしているそうです。
そんなエイベックス株式会社様と行った少人数形式のイベントSUKIMA BOXは、新規事業人材に特化して行いました。エイベックスからはCEO直下の新規事業担当者と人事の4名にお越しいただき、一方学生は少人数選抜制で揃った9名で行いました。

まず初めに行われたアイスブレイクでは、「最近体験した!もしくは、体験してみたい!と思ったエンタメは?」と言うタイトルのもとチームで共有を行いました。その中で「e-sports」「VR」「ライヴ」など様々なものが出てきて、自由で活発な盛り上ったものになりました。

 

その後はエイベックス株式会社様の今行っている事業新規事業としてできた事業や風土など、会社についての説明を行って頂きました。参加者の学生は知らなかった情報に驚いた表情を見せ、新たな発見を見つけていました。

そして今回のイベントの中心でもある新規事業立案ワークでは、「エンタテインメント×〇〇×〇〇」をお題に事業を考えてもらいました。エイベックスの経営理念でもある「Really! Mad+Pure」を表すように、常識だとありえないような事業を考えだす面白そうなワークです。

 

短い時間の中でアウトプットを出さないといけないため議論が絶えることはなく、何度もリサーチを行っていました。また、時折社員の方に質問をしたり、積極的にアドバイスを求めたりする場面も見られました。

そしてワークを終えた3チームからは、「エンタメ×政治×ゲーム」「エンタメ×つながり×ボランティア」「eスポーツ×ミュージックフェス×プラットフォーム」の3つのアイデアが出てきました。想いを訴えるようにプレゼンを行い、社員の方からの疑問点にも再度自分たちの考えを答えていました。

 

試行錯誤しながら終えたワークで優勝したのは、「エンタメ×政治×ゲーム」のチームです。お題にあった条件かつ常識だとありえない面白いアイデアが優勝の決め手となりました!

事業立案ワークを終えた後に行った座談会では、フィードバックを頂いたりエイベックスで行っている新規事業の詳細を聞いたり、会話が絶えないほど盛り上がりを見せていました。

 

ハードなワークを行い長丁場なイベントになりましたが、非常に密度の高いものとなりました。参加者の皆さん、エイベックス株式会社の皆さん本当にありがとうございました!

tanabekoya

Writer 田部 航也

自分の知らないことがあるとすぐに調べたくなる知的好奇心の塊。「意欲ある人が報われる社会を作る」を合言葉として実現可能性が高いかどうか、価値観があっているかどうかを元に就活を進めた。来年からは「結果にコミットする」でお馴染みの企業に就職予定。最近の悩みは食べるのが大好きなのに食べると太ってしまうこと。

まずは、

メンバーによる「面談」をご利用ください。

就活経験、企業分析等をきちんと行なっている経験豊富なメンバーがあなたに寄り添い、就活・インターン・イベント参加の不安を取り除き、あなたに合った選択を手伝ってくれます。

  • 就活が不安...
  • 先輩の話が聞きたい!
  • 自分に合う業界ってどんなのだろう??
  • 就活系のイベントが多すぎてどれに行けばいいの...
  • 自己分析を手伝って欲しい..!
  • インターンって行くべきですか??

まずは気軽にご連絡ください!