【イベントレポート】SUKIMA代表が語る!就活と起業 SUKIMA BAR OITA

▼この記事をシェアする
▼この記事をシェアする

皆さんこんにちは!

今年度がもう終わりますね。。

今年度最後のイベントは、SUKIMA BAR「SUKIMA代表が語る!就活と起業」でした。

(3月29日 in 大分県)

登壇してくださったのは、

SUKIMA代表松口健司さんとYOU MAKE IT代表楳木健司さんという、まさかのダブルケンジ。

漢字も一緒ってすごいですね(笑)

YOU MAKE ITのメイン事業は、就職が困難な外国人留学生のキャリア支援と就労後フォローアップです。

詳しくはホームページ

 

今回のBARコンテンツ

1.松口さんによるキャリアトーク

2.松口さんと楳木さんによるトークセッション

 

1.キャリアトーク

 

導入から松口さんのキャリアトークに引き込まれたので少しだけ紹介させてください。

それがこちらです。

「正解は見つからない/たどり着くのが難しい。しかし、最適解にはたどり着くことができる。」

最適解にたどり着くために必要な要素はなんだと思いますか?

それは、いろいろなものをまず知ること。ここでの”知る”は”経験する”という意味も含んでいて、知るための時間・チャンスを大学生のうちにどんどん使おうと思わされます。

また、松口さんの脳内図、行動・選択の意思決定をするプロセスの方程式、就活メリットと起業メリット、変化し続けるこれからの世の中で求められる人材、自己分析のポイントなど、どれもこれも趣深い学びになりました。

 

2.トークセッション

 

事前に参加学生から寄せられたお2人への質問に答えてもらう形でトークセッションを行いました。

異なる事業を行っているお2人ですが、

①学生時代の後悔

②魅力的だと思う学生

これらのトピックについては意見が似ていた点におもしろさを感じました。

 

①学生時代にがっつり留学しとけばよかった

松口さん:情報収集するときに、日本語だけしか扱えないというのは損。どうしてもすごく狭い情報になってしまうし、翻訳するのを待っていると遅くなる。

楳木さん:商談が英語の時にすごく困る。通訳代がかかるし、相手の言語を話せたほうが心の距離も近くなる。また、学生のうちに長期の海外経験をしておけば今のやりがいのある仕事にもっと早く出会えてたかもしれないと思う。

 

②1つ誰にも負けない武器を持っている学生は強い

松口さん:これまで数千人の学生を見てきて、広く浅くやるよりも、何か1つでいいから長けたものを持っている人は強いと感じる。

楳木さん:何でもいいけど何か日本一を持っているとか、そういう学生はすごく魅力的。例えばそれをブログなどで発信してみたりしたら、○○人フォロワーがいるっていう数値的な武器にすることもできる。

「これだけは誰にも負けない!」という武器を見つけたいですね。

そのために活動の幅を広げてみたり、でも意外とすでに持っているけど気づいていないパターンもありそうです。センサーはって生活しようと思います。

 

また、随時挙がった参加者からの質問も鋭くておもしろかったです。

イベント終了後も参加者とゲストでおしゃべりが盛り上がっていました!

このような学び多きイベントで今後も大分県の大学生コミュニティを盛り上げていきます!

松口さん、楳木さん、お越しくださりありがとうございました。

Writer Nakasone Kanon

青が好き。海が好き。2年後に自分の部屋をジャングルにするのが夢。

まずは、

メンバーによる「面談」をご利用ください。

就活経験、企業分析等をきちんと行なっている経験豊富なメンバーがあなたに寄り添い、就活・インターン・イベント参加の不安を取り除き、あなたに合った選択を手伝ってくれます。

  • 就活が不安...
  • 先輩の話が聞きたい!
  • 自分に合う業界ってどんなのだろう??
  • 就活系のイベントが多すぎてどれに行けばいいの...
  • 自己分析を手伝って欲しい..!
  • インターンって行くべきですか??

まずは気軽にご連絡ください!