経験者に聞く株式会社Hide&Seekインターンのリアル

▼この記事をシェアする
▼この記事をシェアする

皆さんこんにちは〜SUKIMAのネオです!!

この記事は

 

・福岡の大学に通っている

・就活または就活準備をしている

・インターンシップに興味がある

 

特にこんな大学生の方に是非とも読んでほしい記事です!

なぜなら今回は、実際に福岡県福岡市にオフィスを構える株式会社Hide&Seekのインターンシップに1年間参加し、現在は社員としてご活躍されている緒方歩夢さんにインタビューさせていただくことができたからです!

お忙しい中インタビューに付き合っていただいて、緒方さん本当にありがとうございました!!

 

【目次】

 

・緒方さんのプロフィール

・緒方さんがインターンを始めた理由

・Hide&Seekインターンの特徴

 -①実務ベースで実践的なスキルが身につく

 -②会社全体の雰囲気と仲の良さ

・緒方さんからこれからインターンに挑戦する学生の皆さんにメッセージ

・まとめ

 

緒方さんのプロフィール

 

では早速、今回インタビューさせていただいた緒方さんの簡単なプロフィールをご紹介します!

 

 

緒方歩夢さん(オガタ アユム)

 

福岡県出身

西南学院大学英文学科在籍中に出産を経験。

大学には5年間在籍し、今年卒業。

現在は株式会社Hide&SeekのECモール事業部で活躍中。

 

緒方さんがインターンを始めた理由

 

こんな経歴を持つ緒方さんが、なぜ株式会社Hide&Seekのインターンに参加されたのか伺いました。

 

緒方さんは大学1年の時に出産を経験され、大学での学生生活と母親業との両立を忙しいながらも楽しく過ごしていたそうです。そんな中、緒方さんはお仕事をされているママ友さんたちの姿を見て

「仕事と子育ての両立の方が大学との両立よりも大変なのにすごい」

と感じるようになり、少し引け目を感じたこともあるとおっしゃってました。

 

そんな時に、緒方さんはHide&Seekとパート募集の求人を通して出会ったそうです。

緒方さんはその求人を見た時、

「この会社で働きたい!」

と思うほど、会社の雰囲気の良さを直感で感じ取ったそうです。

 

それからすぐに電話をかけ面接へと進み、学生であることが理由でパートではなく、インターン生として大学4年の3月から働きだしたそうです。

そして1年間のインターン生としての活動を終え、現在は社員として引き続き株式会社Hide&Seekで活躍されています。

 

Hide&Seekインターンの魅力

 

ではここからは実際にインターンに参加された緒方さんから見る、Hide&Seekのインターンの魅力を教えていただいたので、今回は大きく2つに分けてご紹介したいと思います。

 

①実務ベースで実践的なスキルが身につく

②会社全体の雰囲気と仲の良さ

 

 

①実務ベースで実践的なスキルが身につく

 

「どういう業務をするかで変わってくるけど、インターンシップを通して、

 

マーケティング、

ライティング力、

フォトショップやイラストレーターといったツールへの慣れ

 

といった点がスキルとして身についたと思います。」

と緒方さんはおっしゃっていました。

では、このようなスキルがどのようにして身についていったのか、

具体的なインターンシップ内容を見ていきましょう。

 

*hide-and-seekのECモール事業部での場合

 

・イラストレーターでのバナー作成

・お客様向けメールマガジン配信

・会報誌作成

・LINE@配信

・同じグループ会社(はぐくみプラス)の楽天アカウント運用

 

このように、Hide&Seekではインターン生もがっつり実務ベースの業務を行うようです。

ちなみに緒方さんはこのような業務を行うために、基本的に11:00〜17:00と、ほぼフルタイムで週に3日ほどオフィスにいたそうです。(何時に必ず来なくては行けないということはなく、時間などの調整は可能だそうです)

 

「実務ベースの業務、そしてフルタイムで週に何度もオフィスでそれらを行うという、社員と同じように責任を感じられる環境だったので、その意識を持ちながら参加することができた」とおっしゃっていました。

 

ひとくちにインターンシップといっても、セミナー型やプロジェクト型など様々ありますが、やはり会社の一員として働くことのできる環境がすでに揃っている場所でのインターンの方が、「成長したい!」という方にとってはオススメです。

そんな方にはHide&Seekはとても魅力的な会社じゃないでしょうか。

 

②会社全体の雰囲気と仲の良さ

 

 

①での「実践的なスキルが身につく」ことももちろん魅力的なポイントでしたが、私はそれ以上にHide&Seekの会社全体の雰囲気と仲の良さこそが最も魅力的な点だと感じました!

 

Hide&Seekのインターンでは、個人業務だけでなく、各プロジェクトごとのチームに分かれてのミーティングへの参加など、社員さんと仕事を通じてのコミュニケーションが盛んです。そして、社員さんとだけではなく、同じインターンに参加している同期とも仲良くなり、お互いの意識を高め合うことができたと緒方さんはおっしゃっていました。

 

また、個人的に特にインタビュー中に印象的だったのが

「普段からそうですが、特にインターンを始めたばかりの時はわからないことだらけじゃないですか、ソフトの使い方とか本当に色々わからないことばかりで。だから何人もの社員の人に質問しに行ってたんですが、その時に社員さんから『ありがとう』と言ってもらえるんです。それが本当に嬉しくて、こんなに素敵な人たちばかりがいる世界があるんだって思いました。」

というエピソードです。

 

正直、「会社全体の雰囲気は普通だし、別に仲もそんな良いわけじゃないですね」という方は普通いらっしゃらないので、このエピソードを聞くまでは、仲良いんだ〜くらいに思って聞いていました。でも、このエピソードを聞いて、「こんな会社本当にあるんだ!」と、とても驚きました。

そして現在、インターン生から社員となった緒方さんも、ありがとうと言ってもらう立場から逆の立場となった今、自分も自然とありがとうと言っているとお話ししていました。

 

もっと成長したいと思っている学生インターン生に対して、成長のチャンスを与えてあげたいという想いから素直にありがとうという言葉が出てくる人が集まった会社なんて、どんな会社なんだろうと感じました。

 

そして、こんなに人として魅力的な緒方さんが、「スキルなしにしてもこれから生きていく上で大切な力を持っている人がたくさんいる」という環境は素敵すぎる環境だということです。

 

緒方さんからこれからインターンに挑戦する学生の皆さんにメッセージ

 

 

「インターンをやってみたいけど、忙しそうだし、大学との両立が不安と感じている方も多いと思います。

でも私はインターンに限らず、「案ずるより生むが易し」、とりあえずやってみようという気持ちがとにかく何をするにしても大事だと思います。

私も実際にスキルや知識ゼロでしたが、やってみたいと言う思いが強くて、求人を見てすぐに応募しました。

新しく何かを始めたその環境での新たな経験をプラスに捉ることができたら責任も生まれるし、それが必ず成長に繋がると思います。

新しい事に踏み出す時、不安に感じることはみんな一緒なので、自分で自分の背中を押してあげることができると、何か自分の中でも良い方向に変化することがあると思います!」

 

まとめ

 

いかがでしたか?

今回緒方さんにインタビューさせていただいて感じたのは、インターン内容はもちろんですが、それ以上にHide&Seekは魅力的すぎる人が集まった場所だと言うことです。

 

そして、大学・子育て・インターンと両立されてきた緒方さんの「案ずるより生むが易し」とう言葉が私自身とても刺さりました。私自身、インターンだけでなく、何か新しいことに挑戦するときにためらってしまうことが多いので、私のようなタイプの方は同じ気持ちになったんじゃないかと思います笑

 

私は今回のインタビューを終えた時、

「すごい!見学したい!もっとHide&Seekの社員の方やインターンをされている方とお話ししたい!」と個人的にすごく思ったので、この記事を読んでくれている方に、私が感じたワクワクが少しでも伝わっていればなと思います。

 

ですがもちろんこの記事を読んだだけでは株式会社Hide&Seekのインターンの良さなど全ては伝わらないと思うので、是非ここまで読んでくださった方にはHide&Seekのサイトなどをチェックして欲しいです!

 

また、「Hide&Seekのインターンに興味がある!」

そんな方は、一度是非SUKIMAのインターンシップ情報に掲載されている応募ページから応募してみてください!

Writer Neo

いつ金髪を卒業するか悩み中です。。

まずは、

メンバーによる「面談」をご利用ください。

就活経験、企業分析等をきちんと行なっている経験豊富なメンバーがあなたに寄り添い、就活・インターン・イベント参加の不安を取り除き、あなたに合った選択を手伝ってくれます。

  • 就活が不安...
  • 先輩の話が聞きたい!
  • 自分に合う業界ってどんなのだろう??
  • 就活系のイベントが多すぎてどれに行けばいいの...
  • 自己分析を手伝って欲しい..!
  • インターンって行くべきですか??

まずは気軽にご連絡ください!