エイベックス株式会社と株式会社LASSIC内定者に聞く! 〜大手企業とベンチャー企業〜

▼この記事をシェアする
▼この記事をシェアする

みなさんこんにちは!SUKIMAインターン生のネオです!

就職活動をしている人もまだしていない人も、就職を考える上で悩むポイントの一つとも言える、「新卒で入るならベンチャー企業と大手企業、結局どちらが良いの?」という疑問を解消するヒントの一つになればと思い、今回はSUKIMAの運営メンバーで来年度から社会人になる2人にインタビューしました!

 

プロフィール

 

三好啓太(ミヨシケイタ)

内定先:エイベックス株式会社 (https://avex.com/jp/ja/)

大学:九州工業大学情報工学部

出身地:福岡県

SUKIMAでの役割:反省・営業・企画担当

見ていた業界:IT・人材・エンタメ・インフラ

九州工業大学情報工学部4年。大学では1年次に学祭委員にて女装コンテストの司会を女装して担当。また2年次にはスタバのバイトに4回以上落ちた経歴を持つ。3年10月からSUKIMAに加入し、来年から大手エンタメ企業にて真摯にマジ?!を追い求めながら世に届ける仕事をする予定。SUKIMAでは営業と常に袖をまくる担当。

 

福永優花(フクナガユカ)

内定先:株式会社LASSIC (https://www.lassic.co.jp/)

大学:西南学院大学人間科学部

出身:山口県

SUKIMAでの役割:なごみ担当

見ていた業界:人材・IT

あだ名はおかゆ。おっとりした話し方に対して特技は早歩きというギャップ萌えするキャラ。アンパンマンが好きすぎてアンパンマンミュージアムで働いていた。話し合いなどの場での口数は決して多くはないが、議論を見守る役割として大きな存在感を発揮している。傾聴力はSUKIMAでもNo.1

(以下おかゆさんと表記)

 

①なぜ今の内定先に就職したいと感じたんですか?

 

三好さん:

自分のやりたいことと内定先の会社の環境が自分にすごくマッチしていると感じたからかな。

具体的にいうと、自分のやりたいことは新規事業なんだけど、それには

①大規模でありながらベンチャー気質

②部署がスピード感をもっている

っていう二つの要素が必要だと感じていて、それが揃っていたからかな!

あと、自分でもここなら力になれると感じたからかな。

 

おかゆさん:

私は、高校でも大学でもボランティア部に入っていて、地域の人と関わることが多かったんだよね。

だから元から地域の人と関わることが好きだったんだよね。それで就活とかで東京とかにも行くようになって、

地元の山口と東京、つまり都会と地方の差が見えた時に悲しくなっちゃったんだよね。

だから「地方創生」を経営理念に掲げていた会社を選んだな。私自身、地元に何か貢献したい、

地方を盛り上げていきたいという思いが強くあったしね。あと、社長のビジョンに共感したからかな!

会社だけでなく社会の流れを捉えた事業を展開していきたいという考えに納得したな。

 

②今の内定先を選ぶ上で 大手/ベンチャーということを意識しましたか?

 

三好さん:

意識した!

 

おかゆさん:

意識していない。選ぶ上でまず自分がやりたいことは何か、それを達成するにはどんな手段や

スキルが必要なのかを重視したな。あとは、自分が働きやすい環境であるかもみてたかな。

 

③↑でなぜ意識したんですか?/しなかったんですか?

 

三好さん:

新規事業を行うという点において、それぞれにメリットデメリットがあると思ったからかな。具体的にいうと、

【大企業】

メリット:資金がある、コネクションがある⇒再現性が高まる

デメリット:新規事業のスピード感がない、新規事業にほんの一部しか関われない⇒優秀でないと難しい

【ベンチャー】

メリット:スピード感がある、手を上げたら実行できる環境⇒誰でも手を上げれば関われる

デメリット:資金がない、コネクションがない⇒再現性が低い

という感じかな。

 

おかゆさん:

大手企業にもベンチャー企業にも、それぞれの良さがあると思うからかな。

とりあえず、自分の条件に合うところを比較して探してたかな。

 

④大手とベンチャーの違いはなんですか?

 

三好さん:

さっきの③の質問で答えた感じかな!

ただ就活においては、ひとくくりに違いってない気がする!

さっき言ったベンチャー企業のデメリットの資金がないという点も、お金とかは今ならVCとかから調達できるし!

 

おかゆさん:

大手企業は、ネームバリューがあるのと、大きい仕事ができるところかな。

でもその分自分がやりたい仕事、つまり自分の行きたい部署にいけないことがある印象かな。

あと、規模が大きいってことは人数も多いってことだから、コマみたいになりがちな印象かも。

それと比較してベンチャー企業は、自分のやりたいことをベースに仕事ができるかな。

いつ死ぬかわからないと思っているから、今やりたいことをすぐに仕事にできる環境があるって感じかな。

仕事も降ってきやすいし。その分不安定に感じる部分はすごく多いけどね(笑)

 

⑤就活生、これから先就活を始める人へのメッセージ

 

三好さん:

就活ってスーツを着て堅苦しくてっていうイメージがあるけど、

別にそんなことなくてありのままの自分を見せることが大事だから無理なんかしなくてよくて、

イベントとかもインプットの機会としては最適だし、面接も自己理解を深めてもらう場になる!

社会人になったらなかなかここまで自由に話を聞けたり聞いてもらう機会はないと思うから、

成長できる時期と思って頑張ってほしいです!

 

おかゆさん:

この機会に沢山外にでて社会人や同じ就活生と話をしてね!っていうことかな~
自分のキャリアを考える上で、他の人を参考にすることとか新しい考え方を吸収するとかしてほしい。就活生だけじゃなくて学生さん皆にいえることかも!学生っていう特権を使って動き回ってほしい!

 

まとめ

 

今回は大手企業とベンチャー企業にこの春から入社される就活の先輩であるお二人にインタビューしました!

先輩から就活のお話を聞いたりアドバイスを聞くことはよくあっても、「大手企業」

「ベンチャー企業」のように

比較しながら聞けることはなかなかないんじゃないかな〜と思います。

でも、お二人からお話を伺って、大手企業もベンチャー企業も関係なく、就活には

自分のやりたいことを知る、見つめ返すこと

そして

「学生」であることを武器に自分なりに動く

がとても重要なんだなと感じました。

また社会人としてこれからどんどん活躍されるお二人と、またお話ししたいなあと思いました!

Writer 鈴木 音織

まずは、

メンバーによる「面談」をご利用ください。

就活経験、企業分析等をきちんと行なっている経験豊富なメンバーがあなたに寄り添い、就活・インターン・イベント参加の不安を取り除き、あなたに合った選択を手伝ってくれます。

  • 就活が不安...
  • 先輩の話が聞きたい!
  • 自分に合う業界ってどんなのだろう??
  • 就活系のイベントが多すぎてどれに行けばいいの...
  • 自己分析を手伝って欲しい..!
  • インターンって行くべきですか??

まずは気軽にご連絡ください!