就活だけにこだわらない【member interview vol.1】

▼この記事をシェアする
▼この記事をシェアする

メンバーの素性を大公開する新シリーズ「~member interview~」。
今回は第一弾ということで「マジシャン担当」19卒の井手駿希さんに取材!「就活だけにこだわらない」とは。どんな話が聞けちゃうのでしょうか??

 

――簡単な自己紹介をお願いします。

どうも、SUKIMAの井手です。常にトランプを持ち歩いていて、酔うとトランプマジックをはじめます。マジックみたい方は飲みに行きましょう。(笑)

ちなみに、福岡大学経済学部に所属していて、来年の春からは転職などを支援している人材系の企業で働きます。スポーツや音楽(バンド系)が好きなのでオススメのアーティストやスポーツなどあれば教えて下さい!あと、田部と同じく坂道グループ(乃木坂、欅坂、けやき坂)も好きなので良かったら語り合いましょう!(笑)

――大学入るまではどの様なキャリアを歩んできたのですか?

年の離れた3人兄弟の末っ子として生まれ、家族全員に可愛がられて育ちました。(笑)

そんなことから昔から”期待されればされるほど、燃える性格”で小・中学時代はクラス委員や生徒会役員になってみたり、野球部の主将や急遽合唱コンクールの指揮者をしたりと様々な責任を持つ仕事についていました。ちなみに、生まれは北九州市で小3から佐賀県唐津市に引っ越してます。

唐津に引っ越したタイミングで野球を始め高校3年まで計10年間続けました。

なので、小中高と野球少年でずっと坊主でした。

こんな感じで朝から晩まで野球してました。ちなみに高2の時には、練習試合中に跳ねたボールが前歯を直撃し、4本抜けるという大ケガをしてます。(笑)

なので前歯は神経が通ってないので、知覚過敏なんて怖くなくてバクバクアイスも食べれます~(笑)でも、高校の時の一番辛かった経験は、まさにこの大けがでしたね。食べ物もうまく食べれず運動、ましてや野球もできず、毎日悔しい思いをしていました。

完治に半年くらいかかると言われ、「最後の大会間に合うの?」と激萎え時期でした…

また、この時期には出遅れていた勉強と基礎的な体力の向上に努めました。一応、高校がその地域の進学校で、周りには東大や九大を目指している人ばかりでかなり勉強面で小・中学時代に比べ、落ちこぼれていました。

でも、この時期のおかげで240人中224番だった成績も120番くらいまで挽回する事ができたり、最後の夏の大会にレギュラーとして出場することができたりと最後まで諦めずにやり抜くことの大切さをその時期に学んだりしました。

 

――大学に入ってからはどういったことをしたのですか?

大学に入ってからは、1年時から中・長期でインターンや海外研修、部活、勉強など様々な事にチャレンジしてきました。色々と挑戦するきっかけになったのは、大学受験がうまくいかず、高校時の同級生と比べてだいぶ引け目を感じていたからでした。特に、高校の同級生が国交問題解決したいとか、世界の格差問題を解決したいとか言って超有名大学とかにいくやつらばかりで、彼らに負けたくないなという思いから様々な事にチャレンジしてきました。新しいことに、チャレンジし続けた1・2年生。何か周りに影響を与えると動いた3・4年生でした。入学当初、まず10年間続けた野球をやめる決断をして、スカッシュラケットを始めました。


また、これまでと違ってスカッシュは、チームスポーツでなく個人スポーツなので、個人として結果が帰ってくることに面白みを感じ、4年間続けました。また、1,2年生時は、ある講義の一貫として社長や社会人の話を聞いたり、1年間通して企業の課題解決をお手伝いするプロジェクトをしたりしてました。2年時は、コールセンターでアルバイト、シアトル語学研修、海外インターンシップでべトナムに行き人生で最大の壁にぶち当たりました。(笑)

3年時以降は、特待生受賞、訪問販売のインターン、平均で月1でキャリアイベント企画・運営、AFP取得、ある企業のインターン全国大会で表彰、SUKIMAへ加入、サンフランシスコ研修などなど。とやってきました。この中で何か気になる事とかあれば、お会いした時に詳しくお話するので気軽に言ってくださーい。

 

――SUKIMAに入ったきっかけは何ですか

最大の目的は、働くことに対しての価値観をよりポジティブなものにしたいと思ったからです。元々、学生がキャリアや”働くこと”に対しての価値観がすごくネガティブでもったいないと感じていてその価値観を変えたいと思って、一人で小さなキャリアイベントをしてました。でも、キャリアのきっかけを学生に届けるには、個人だけじゃ限界があると感じて、SUKIMAの先輩に相談したことがきっかけで入りました。

 

――実際にSUKIMAに入って身についたことはどんなことですか?

大きく2つ、「社会人とのコミュニケーション力」「学生・企業の両方の視点でイベント等をつくる力」ですね。

まず、1つ目のコミュニケーション力ですが、学生の時って、大人と会話やメールなどでやりとりすることないじゃないですか?でも、SUKIMAに入ったら嫌でもやらないといけないんで(笑)

どういう風に相手に伝えたら的確に伝わるんだっけとか考えながらやってますね。

これって、日常生活でも友達に仕事などを頼む時やデートに誘う時とか生きてるんですよ。あ。でも、デートの件は失敗してるんですけどね(笑)詳しく知りたい人は、直接話します。

2つ目の両方の視点でつくるというのは、学生と企業のあいだの存在であるからこそ、片方に視点によってもう一方が不幸にならないようにするという考えは身についたと思いますねー。日常生活で例えると、喧嘩の仲裁役とか、恋愛の相談役とかですかね。(笑)

キャリアは前じゃなくて、後ろにできるもの

――井手さんにとってキャリアってなんだと思い、ついてきたものだと思いますか。

ん~、難しい質問ですねー(笑)

たぶん、キャリアって、自分の前でなくて後ろにできるものなんじゃないかなと思いますね。今、何かに全力で取り組んでいて、少し時間が経って過去を振り返ると見えてくるものなのかなと。だから、前に作ったり、できたりするものでなくて、過去に勝手にできるものみたいな。今、何かを全力で取り組んでいれば結果的にそれが個人個人のキャリアになっていくと思うので、僕も大切にしてるんですけど、”今”を全力で生きることがすごく大事なんだと思いますね。そのがんばる事は就活に限らずに、勉強や趣味、遊び、恋愛などなんでも良いかと。

あと目の前のことをただ頑張るだけでなくて、その都度、自分の中での振り返る時間をつくるのってが大事だと思いますね。なので僕、最近日記書き始めました~。続けられるようにがんばります!

 

――では、井手さんが大切にしていることはなんですか?

相手の立場に立って考えることは大事にしていますね。それを実際に行動に落とし込む為に、やってることとして、1つ大事にしていることがあります。それは相手が次このように話てくるからこのようにコミュニケーションとると予め、相手の考えていることを先読みをして行動する事です。将棋とかチェスとかと同じでみたいなもんですね。

 

――自分でこれ得意だなって思うことはなんですか?

音楽(バンド系)の話や坂道グループの話、野球の話とかを語り合うのは得意です。

なので、良いアーティストみつけた!とか、この選手ってこういう特徴あるよねとかなんでもそういうの教えて下さい!僕もコアなとこ攻めつつ、語りたいと思います。

あ、まじめなやつで行くと”傾聴”が得意ですね。ま、ぶっちゃけあんまり自分を語るほうでもないので。特に面談の時とかは、ただ自分の経験談や成功体験を話すことはせずに、目の前の学生がどのような悩みがあって、どういう不安な思いを抱えているのかを聞いて、一緒に痛みや喜びを分かちあうように心がけています。学生とは、僕もこういう悩みがあってこういう風に悩みを解決してきたよっと、一緒に悩んで一緒に喜びを分かち合えたらいいなと思います。

 

――なるほど、そういう事意識しながら学生との面談してるんですね。

あ、ちなみにトランプマジックも得意です。(笑)

 

――あ、もう大丈夫です。

あ、もう大丈夫ですか(笑)

すみません、結構色んな事が好きで趣味が多いんで、色々と脱線しがちで(笑)

 

――いえいえ、多趣味は良いですね。この前もトランプマジック教えて頂きありがとうございました。では、最後に学生のみなさんに一言お願いします!

 

「就活をやめよう!」

 

この一言に尽きますね!

 

――「就活をやめよう」とはどういうことですか?

 

まわりや先輩などをみると、就社がゴールになった就活をする人達が多いなと思っています。あくまで就活って、人生を豊かにする為のひとつの通過点(手段)だと思うので就活に固執することなく、人生という長い線で考えてファーストキャリアを選んで欲しいと思いますね!

別に歌手を目指す選択をするのも良いですし、起業とういう選択肢、休学して海外を周ってみるとかでも良いと思います。

本当にひとりひとりに選択肢ってたくさんあるので、嫌々、みんながしてるから就活するっていうのはナンセンスだと思います。

就活をやめてからが本当の就活のスタートだと思うので、みなさんまずは就活をやめましょう!(笑)

 

――なるほど。ひとつの選択肢に固執することはないってことですね。ありがとうございました!

sukima

Writer

SUKIMAのいろんな情報を発信しております♪

まずは、

メンバーによる「面談」をご利用ください。

就活経験、企業分析等をきちんと行なっている経験豊富なメンバーがあなたに寄り添い、就活・インターン・イベント参加の不安を取り除き、あなたに合った選択を手伝ってくれます。

  • 就活が不安...
  • 先輩の話が聞きたい!
  • 自分に合う業界ってどんなのだろう??
  • 就活系のイベントが多すぎてどれに行けばいいの...
  • 自己分析を手伝って欲しい..!
  • インターンって行くべきですか??

まずは気軽にご連絡ください!