【イベントレポート】明日死んでも後悔しないキャリアを築こう。〜就職の終わりはスタートだ〜

▼この記事をシェアする
▼この記事をシェアする

こんにちは!SUKIMAのネオです!今回は大分で初めてのBARを2月22日(土)に開催しました。

今回は大分県信用組合の小野美佐子さんにお越しいただきました。人事を長年やられたきた小野さん自身のストーリーや就活、そしてその先の「働く」ということに対する考えなどをお話ししていただきました。

 

【タイムスケジュール】

18:00-18:15  イントロダクション

19:15-19:00  キャリアトーク

19:00-:19:10  休憩

19:10-19:50  座談会&交流会

19:50-20:00  クロージング

 

【キャリアトーク内容】

高校卒業後、進学をきっかけに大阪に行った大分生まれ大分育ちの小野さん。

大阪時代にもっと自由な生き方をしたいと徐々に感じるようになり、好きなことをするために休学して、初めてバイトをして、働くことの大変さと、またお金の大切さを知ったそうです。「働く」ことの大切さを知った小野さんは、戻るつもりはなかったものの大分にUターンし、現在も勤めていらっしゃる大分信用組合に就職されました。

 

金融系にもともと興味はなかった小野さん。大分県信用組合に就職して、その後のキャリアに影響を与えることになった上司と出会い、人との縁の大切さを更に感じられたそうです。そこで自分なりに営業成績を上げるという目標を設定し、その目標達成のために様々な工夫をしアプローチをするようになったそうです。そんな支店、本部業務支援部と多くの経験を積まれ、現在は人事部で女性としては初の管理職としてご活躍されています。しかし、人事部女性初管理職として採用、研修、給与、社会保険事務等々、幅広い業務をされている今でも、働くことを通して、

 

・仕事の種類や内容に関係なく「働く」ということの大切さ

・自分の時間の多くを過ごす「働く」時間を楽しく過ごす

・人は誰かに頼られてやりがいを感じる

 

ということを強く実感するとおっしゃっていました。

「働く」ことに真摯に向き合ってこられた小野さんが感じられている、このような「働く」ことに対する強い思いを私たち学生が聞ける機会はなかなかないので、非常に勉強になりました。

 

 

また、キャリアコンサルタントとしてもご活躍されている小野さんから、就活中の学生、そして自分のキャリアに向き合っている学生に

 

「内定を取ることも大事ですが、それが全てではないと学生からの相談を受けて強く感じます。でもどんなことをするにしても常に努力は必要。」

 

と、とても力強く勇気が出るメッセージをいただきました。

大分信用組合 https://www.oita-kenshin.co.jp/

Writer 莉歩 河野

まずは、

メンバーによる「面談」をご利用ください。

就活経験、企業分析等をきちんと行なっている経験豊富なメンバーがあなたに寄り添い、就活・インターン・イベント参加の不安を取り除き、あなたに合った選択を手伝ってくれます。

  • 就活が不安...
  • 先輩の話が聞きたい!
  • 自分に合う業界ってどんなのだろう??
  • 就活系のイベントが多すぎてどれに行けばいいの...
  • 自己分析を手伝って欲しい..!
  • インターンって行くべきですか??

まずは気軽にご連絡ください!